インターナショナルコスメティックス株式会社 お問い合わせ

グループ企業

Group Companies

HOME  >  グループ企業

グループ会社について

高付加価値な商品の製造・輸入から物流・マーケティングまでを司る一般流通化粧品のトータルサポート・カンパニー

OATホールディングス株式会社

OATホールディングス株式会社は、ともに化粧品・日用品の専門商社である株式会社大山、株式会社エーアンドティーが中心になり2016年9月に設立されたホールディングカンパニーでございます。
株式会社大山は、1921年に設立しました。
株式会社エーアンドティーは、2011年に太陽商事株式会社が株式会社アオキコーポレーションを吸収合併、社名変更、設立しました。
このうち、大山、アオキコーポレーションは大正期に設立しており、さかのぼると非常に長い歴史をもつ会社であります。

会社概要
  • OATホールディングス株式会社

  • 〒103-8466 東京都中央区日本橋浜町1丁目9-12

  • 2016年9月1日

  • 8,700万円

  • 平木 正人

  • 化粧品、装粧品、化粧雑貨、健康関連商材の卸販売

  • https://oat-hd.co.jp/index.html

  •  

グループ各社の役割

OATホールディングスのグループ各社は、メーカー(製造販売・輸入)・卸売・物流(保管・商品加工)機能をもち、化粧品ビジネスにおいて必要なすべての業務を行うことが可能です。
商品の仕入・販売先も国内外のさまざまなルートと太いパイプをもち、高度に専門化したマーケティング活動に基づいて、国内外への確固たる商流を構築しています。

Flow chart

株式会社 大山

大正10年創業。一般流通化粧品の卸売業として長年にわたって培った、数多くのメーカー様・小売業様との取引を通じ、 旧来のメーカー主導による流通業から脱却した“Value Added Distributor(付加価値流通業)”を宣言。
小売業バイヤー様との商談・店頭情報・各種販売実績データなどを客観的に分析し、多種多様なPB(プライベート・ブランド)商品「OHYAMA オリジナル」を開発。ICIが輸入している各ブランドもそのひとつです。
同社の最大の特長である「OHYAMA オリジナル」は競合他社との単なる差別化にとどまりません。創業以来蓄積してきたノウハウとマーケティング力を駆使し、今や成熟産業となった化粧品に関して高度な知識を持つ「目が肥えた」お客様の満足度のさらなる向上と、新規カテゴリの開拓・新規需要の創造に役立つ商品を常にご提案しています。
近年では、TV・雑誌・インターネットなど各種メディアとの積極的なコラボレーションによって実現した、精度と効率の高い販売促進。

会社概要
  • 株式会社 大山

  • 〒103-8466 東京都中央区日本橋浜町1丁目9-12 日本橋プラヤビル6F

  • 1949年11月1日(創業 1921年)

  • 239億円(2018年8月度)

  • 平木 正人

  • 化粧品、装粧品、化粧雑貨、健康関連商材の卸販売

  • https://www.ohyama.net/

株式会社 フィットエクスプレス

株式会社 大山 の流通センター(埼玉県越谷市)から独立し、主に化粧品・化粧雑貨などのヘルス&ビューティ関連商材を扱 うロジスティクス・カンパニー。
埼玉・大阪・札幌・仙台の4箇所に設置した物流拠点を通じ、全国の店頭への商品流通を担当。目には見えない部分で業界を しっかりと支える“Value Added Distributor(付加価値流通業)”の一員です。
改正薬事法における化粧品製造業許可[包装・表示・保管]を取得していますので、お取引先メーカー様の在庫管理・輸入商品の流通加工などの 3PL はもちろん、SCM に基づいてシステム化された受発注と在庫管理、Web EDI のようなロジスティクス IT など、幅広いご要望に対応可能です。

会社概要
  • 株式会社 フィットエクスプレス

  • 東京都中央区日本橋浜町1-9-12

  • 2001年2月1日

  • 5,000万円

  • 代表取締役 伊勢村 広司

  • 正社員=14名、パートタイマー=83名

  • 5億3,000万円(平成19年1月期)

  • みずほ銀行・東京都民銀行

  • 株式会社 大山、ユニリーバ・ジャパン株式会社

  • 化粧品・日用品の保管及び仕分・配送・加工(一般)

  • http://www.fitexpress.info/

事業所
  • 埼玉センター
  • 〒343-0824
  • 埼玉県越谷市流通団地1-1-17
  • Tel. 048-989-4311 Fax. 048-989-4321
  • 埼玉第2センター
  • 〒343-0824
  • 埼玉県越谷市流通団地3-1-12
  • Tel. 048-985-1960 Fax. 048-985-1986
  • 泉大津センター
  • 〒595-0074
  • 大阪府泉大津市小津島町4-12
  • 堺SRC 6F
  • Tel. 0725-32-6031 Fax. 0725-32-6041
  • 福岡センター
  • 〒811-2303
  • 福岡県糟屋郡粕屋町酒殿304-1
  • SRC福岡営業所内 4F
  • Tel. 092-957-1220 Fax. 092-957-1223
  • 札幌センター
  • 〒003-0011
  • 北海道札幌市白石区中央一条1丁目1-15
  • 札幌SRC内
  • Tel. 011-811-8111 Fax. 011-811-8114
  • 仙台センター
  • 〒983-0034
  • 宮城県仙台市宮城野区扇町7-5-11-2F
  • SGL仙台支店内
  • Tel. 022-258-4000 Fax. 022-258-4377

株式会社 エーアンドティー

OATホールディングスグループにおいて、より広範な商品群の卸売機能を担っているのが株式会社エーアンドティーです。
1930年(昭和5年)、中野区本町通りにおいて雑貨卸売業として創業後、合資会社平木商店に組織変更。平木商店の営業を引き継ぐ太陽商事株式会社を設立後、同業他社の合併・業務提携を重ね、2011年(平成23年)に社名変更、現在の株式会社エーアンドティーとなりました。
現在、化粧品・化粧雑貨・トイレタリー商品を40,000アイテム以上取り扱い、お取引先小売業様もドラッグストア・バラエティショップ・専門店・GMS・EC/通販など多岐にわたります。
2005年(平成17年)に施行された改正薬事法による業許可の統合によって化粧品のOEMが容易になり、異業種から化粧品ビジネスに参入するケースが増えています。
これらの新規メーカー様は販売ルートの確立に苦労されることが多いため、エーアンドティーでは新規メーカー様の開拓には特に注力。担当バイヤーは展示会や業界紙、専門サイトをくまなくチェックし、毎月10社程度のメーカー様と商談しています。
販促・営業活動、物流・システム関連業務を含めたトータルサポートにより、変化と成長を続ける化粧品・雑貨業界における新しいビジネスの創出に積極的にチャレンジしています

会社概要
  • 株式会社 エーアンドティー

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-9-12 日本橋プラヤビル4階

  • 1930年4月

  • 6,750万円

  • 化粧品・化粧雑貨・雑貨の企画・販売、卸売

  • http://a-and-t111.com/

株式会社 ネサンス

OATホールディングスグループにおいて、国内メーカー機能を担っているのが株式会社ネサンスです。
2003年(平成15年)、現在のエーアンドティーの前身であった太陽商事株式会社は、従来は大手メーカーの日用雑貨がメインであった取扱品目から、より高付加価値な化粧品を中心とする商品ラインナップへの脱却を図るべく、自社オリジナルの化粧品ブランドを確立するために創立されました。
吸収・合併による他の大手日用雑貨品卸の再編が進む中、コモディティからブランディングへの経営スタイルのシフトは避けては通れぬ道だったのです。
ネサンスのオリジナルブランド「manis(マニス)」では、ヘアケア・スキンケア・ボディケア・入浴剤・ホームエステなど、全身のトータルケアが可能な商品ラインナップを取り揃えていますが、すべてのアイテムが明確な機能性を全面に打ち出し、ターゲットユーザーに「刺さる」デザインが施されています。
卸売業にとどまらず、現在はドラッグストア・GMSなどの大手小売業も統合・再編が進み、メーカー直販によるECも台頭。コモディティ化した商品の取引条件は厳しくなるばかりで、健全な経営を持続するためには規模の経済の追求に陥ってしまいます。
規模を追求せず、すき間のさらにすき間を狙うような超ニッチ戦略といえるネサンスの商品開発は、コンシューマーからムーブメントが起こる現代の化粧品マーケットにおいて欠かせないものの、一朝一夕には真似することのできない独自のスタイルであるといえるでしょう。

会社概要
  • 株式会社 ネサンス

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-9-12 日本橋プラヤビル4F

  • 2003年9月1日

  • 化粧品の企画・製造・販売

  • http://nexans.co.jp/

SIAM OHYAMA(サイアム大山)

SIAM OHYAMA CO.,LTD.の製品を輸入する義務。タイの化粧品業界では かつて「安い化粧品」と呼ばれる化粧品を販売し、消費者の視点に基づいて高品質の製品を送り、その後、関連会社からサポートを受けました。顧客と直接連絡する 重要な力である流通ネットワーク、情報システム、人員がいます。すべての重要なビジネス要因の可用性 そのため、あらゆる面で化粧品事業を強力にサポートしています。どれだけ時間が変わっても しかし、すべての消費者の美しさのために、SIAM OHYAMA CO.,LTD.の概念は変わっていません。

会社概要
  • サイアム大山

  • 10260バンコクスクンビット101/1 Bang Chak Phra Khanong

  • 02-065-3131

  • 2015年1月8日

  • 500万バーツ

  • 日本の化粧品 美容・健康製品の販売

  • http://ohyama.co.th/

お問い合わせ

サービスや製品に関するご質問・資料請求は、 以下よりご連絡ください

TEL:03‐5825‐7588FAX:03‐3861‐7667

住所:〒103-0007東京都中央区日本橋浜町1-9-12 日本橋プラヤビル3F

お問い合わせフォームへ
menu